メニュー

こどもの泌尿器科

こどもの泌尿器科疾患

夜尿症(おねしょ)

「5歳を過ぎても週に2-3回以上の頻度で少なくとも3か月以上連続して夜間睡眠中に尿失禁を認めるもの」と定義されています。小学生以降もおねしょが続く場合に受診されることが多いです。これらは夜間に尿が多く作られる多尿型、膀胱容量が小さい膀胱型、両方を認める混合型に分類されます。また泌尿器科疾患以外に脊髄疾患、精神疾患などが原因となることもあります。治療の大原則として、①起こさない②怒らない③焦らないことが大事です。そのうえで飲水や排尿訓練などの生活指導を行っていき、状況に応じて薬物療法などを検討します。

亀頭包皮炎

生まれてくる男の子は包茎(亀頭が包皮で覆われて露出できない状態)であり、思春期に陰茎が成長することで自然と包皮が剥けてきます。包皮が剥くことが出来ない乳幼児期に包皮と亀頭の間に細菌や垢などが付着して炎症を起こすことで発生します。抗菌薬の内服や外用薬で治療します。

陰嚢水腫

精巣の周囲に液体が溜まって陰嚢が腫れた状態です。精巣は胎児期にはお腹に存在しており出生するまでに足の方向へと下降し、やがて陰嚢のなかに収まります。この時にお腹の臓器を包んでいる腹膜もくっついた状態で一緒に下りてきて生まれる際にはこの腹膜の隙間(腹膜鞘状突起)は閉じるのですが、閉じなかった場合にはお腹の中の水(腹水)が隙間を通って陰嚢内に溜まることで発生します。多くは2歳頃までに腹膜症状突起の自然閉鎖を期待できますが、腫れが大きい場合には臓器脱(鼠径ヘルニア)の精査が必要です。

停留精巣、移動性精巣

陰嚢内に精巣を触知しない状態のことで出生時の男児の3-5%程度に見られます。生後6か月までは自然下降が期待できるため、結果的に1歳頃には1%程度の頻度まで低下します。陰嚢内に精巣が存在しないことで様々な不利益を被ります。代表的なものとして将来の精子形成能力(妊孕性)の低下や悪性化(精巣腫瘍)リスクの上昇、精巣捻転などの合併症があります。こういった観点から1歳から2歳頃の手術治療が推奨されます。一方で陰嚢内に精巣を触れたり触れなかったりする状態を移動性精巣といい、リラックスしている時に陰嚢内に精巣を触れる場合には治療不要となることが多いです。

尿路感染症

おしっこの出口から細菌が膀胱へ進入することで発症します。2歳までは男女差はありません。尿の流れに逆行して膀胱から腎臓まで進入すると熱が出ます。尿路感染症を反復する場合には膀胱尿管逆流症や先天性水腎症などの基礎疾患が無いか精査が必要です。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME