メニュー

濃厚接触者の公費負担について

[2021.08.29]

8月後半に入ってから大阪の新型コロナ陽性者数は2000人を超える日が続いています。

最近では家庭内感染以外に事業所や学校の部活動での感染報告が増加しています。

ここにきて医師会からの通達で、保健所からの連絡無しでも濃厚接触者は公費負担でのPCR検査が可能となりました。それもあってか今週は検査数が倍増しました。結果的に当院でも今週は5名の陽性者を認めました。7月に発熱・接触者外来を開始してから最も陽性者数が多い週となりました。

ただしすべての医療機関ではなく、当院のように大阪市と委託契約をしている発熱・接触者外来を設けている医療機関に限定されます。

当院の強みはPCR装置を院内に導入しているため結果が2-3時間程度で出ることであり、迅速に結果を判定できることは感染拡大予防の一助になると思っています。(外注検査の場合は翌日以降に検査結果が出ます。)

連日のように新型コロナウイルスに対する報道は出てきますが現時点で身を守る方法は、ワクチンをきっちり2回接種してマスクなどで感染予防を徹底すること、以外にはありません。

現時点での大阪府の人口に対するワクチンの接種割合は1回目が46.7%、2回目が37.5%と近畿2府4県のなかでは最低値です。

より多くの皆さまにワクチンが接種できるよう引き続き全力で取り組んでいきますのでこれからもよろしくお願いします。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME